フリーランス注目!自由が故の難しさ

営業で困っているフリーランスへ
自由が故の難しさもある

注目の集まるフリーランスという働き方

自由が故の難しさもある

Pocket

フリーランスの現実はいいことばかりではない

フリーランスに限ったことではなく、どんな仕事にも難しさというものはあるので、働く上でのメリットばかりに注目するのではなく、リスクやデメリットについてしっかり考えておくことがとても重要です。では、フリーランスとして働く上で、具体的にはどのようなデメリットが考えられるのでしょうか。

何をするにも自分で

フリーランスのデメリットはメリットと紙一重で、何をするにも自分の自由である代わりに、何でも自分でやらなければならない大変さがあります。会社員であれば、営業がいて事務がいて、経理がいてコールセンターがあってと、それぞれの役割ごとに部署があるものですが、フリーランスの場合、要となる仕事をこなしながら他のことも全部自分で行わなければなりません。特に、経理のことは知らなかったでは済まないことなので、しっかりと勉強して土台を整えなければなりません。また、営業をしなければ仕事そのものが入ってこないので、仕事をしながら営業活動も並行していく必要があります。また、見積書や請求書の作成などの事務処理の手間もあります。

自己管理を怠ってしまうと仕事にならない

フリーランスは良くも悪くも自由なので、やる気が起きないから仕事を休もうと思えばいくらでも思い通りにできてしまいます。しかし、そうしていれば当然収入がなくなってしまいます。自分を甘やかしてばかりいると、生活そのものが成り立たなくなってしまうので、持っている自由を上手にコントロールしていかなければなりません。1人で仕事をするというのは気楽な反面、モチベーションの維持が難しい時があるので要注意です。

収入が不安定

フリーランスになるかどうかを決断するにあたり、迷ってしまうポイントとなるのが収入面です。独立してから順調に仕事が入り、安定的に収入が得られればいいのですが、そのようにいつもうまくいくという保証はありません。また、会社員のような有給休暇などの福利厚生はなく、仕事をしなければ収入はそのまま減ってしまう一方で、病気などで入院するなどのやむを得ない事情であっても現実は容赦ありません。フリーランスになった当初は十分なスキルを持っていたという場合でも、自己鍛錬を怠ってしまえば顧客のニーズに応えることができなくなってしまい、継続的な仕事の依頼を減らしてしまう恐れもあります。これらのデメリットを考えてみるとわかりますが、フリーランスとして安定的な収入を確保し続けるためには、それ相応の努力が絶対に必要です。そのことをしっかりと理解した上で、フリーランスになるかどうか決断することをおすすめします。

おすすめ

ピックアップ

フリーランスのみなさんへ!

営業に悩むフリーランスに向けて、いますぐ使える営業法・営業ツールを紹介するサイトです。当サイトへのお問い合わせは>>コチラ<<まで。