必見!営業が苦手なフリーランスにおすすめのサイト

営業で困っているフリーランスへ

営業が苦手ならサイト登録は必須

フリーランスとして活動するだけのスキルや経験があったとしても、営業がネックになってしまう人が少なくありません。営業ができなければ仕事を得られないので、そこでフリーランスの道を断念してしまいたくなるかもしれませんが、そのような人でもフリーランスとして安定的に仕事を得る方法があります。ここでは、システムエンジニア、ウェブデザイナー、ライターという3つの職業のフリーランスにおすすめの案件紹介サイトをご紹介していきます。

  • システムエンジニアはレバテックフリーランス

    自分で営業に出向き、見積もり、交渉、契約と一連の流れを1人でこなしながら仕事を増やしていくのは至難の技です。限りある時間を有効活用し、できるだけ収入に直接つながる仕事をこなしたい場合、フリーランス専門のエージェントの利用が効率的です。クライアントとフリーランスの間にエージェントが入れば、その分マージンが発生するのは仕方のないことですが、それを差し引いて考えてもメリットとなる点が多いので、フリーランスであれば一考の価値があります。

    システムエンジニアはレバテックフリーランス詳しくはこちら
  • ウェブデザイナーは3スタ

    正社員のウェブデザイナーの仕事内容は、企業によって任される仕事の範囲が広く、ウェブデザインだけに集中するという働き方がなかなかできないことが少なくありません。ウェブデザインの質を最優先とし、自分の作業に集中したいというタイプのウェブデザイナーであれば、会社員として企業に所属するよりもフリーランスとして活動した方がやりたい仕事に特化できますし、そうすることでさらにスキルアップしていくこともできます。

    ウェブデザイナーは3スタ詳しくはこちら
  • ライターはShinobiライティング

    多くの人がインターネットを活用するようになってからというものウェブライターの需要は高まる一方なので、フリーランスのライターとして仕事をしようと思うなら比較的簡単に仕事は見つかります。エンジニアなどの専門職に比べると最初のハードルは低く、文章を書くことが得意だったり好きだったりする人にとっては挑戦しやすい環境が整ってきています。特に、自分の書けるテーマを選んで記事を書くことができるサイトは、ライティングでお小遣い稼ぎをしたい人などにも人気です。

    ライターはShinobiライティング詳しくはこちら

おすすめ

ピックアップ

フリーランスのみなさんへ!

営業に悩むフリーランスに向けて、いますぐ使える営業法・営業ツールを紹介するサイトです。当サイトへのお問い合わせは>>コチラ<<まで。